ハンドスピナーと言う商品が子供から大人の間で大流行しました。この商品は元々はアメリカで医療福祉の道具として作られたものですが、これが玩具として大ヒットしたものです。
玩具として開発し、最初に市場に投入した企業が、どの様なマーケティングによって販売を始めたものかは分かりません。しかし、このハンドスピナーと言うヒット商品が流行した理由を後付け的な要素はありますが、分析して見たいと思います。

このハンドスピナーがヒット商品となる以前に、手を使って手持無沙汰を解消する商品として、無限プチプチやフィジェットやスクイーズと言った手を使い、感触を楽しみ、暇つぶしやストレス解消できる玩具がヒットしていました。こうした感触を楽しむ玩具の1つとして、ヒットする可能性があったと言えます。
また様々な技を競い合うという楽しみ方もあり、これがSNSにアップされ、見た人がチャレンジしようと考えると言ったSNSを通じてヒットの拡大可能性があった点も、ヒットの要素として上げられます。
さらにアメリカで大流行していると日本に伝わり、それがどんなものかを日本の子供や大人が、ユーチューブ等で調べると言った兆候がすでに見られた点も重要でしょう。
そして値段が後発メーカー品を含めるて、子供が小遣いで何個も買える値段設定であった事もヒット商品となった大きな要素と言えるでしょう。