営業事務は営業のアシスタントに留まらず、もう一歩踏み込んで二人三脚のつもりで取り組むのが正解です。
単なる後始末係と思っていると、営業成績も運不運に左右されてしまうことも。
営業と営業事務が一体となって取り組むことを、より積極的に考えてみましょう。
例えば、営業がお得意様になりそうなところへ飛び込みに行こうとしたならば、まずは営業事務が最初に様子伺いの電話を掛けてみましょう。
いきなり飛び込みで来られても、普通の会社であればなかなか話を聞く時間を割いてはくれないもの。
でも、予め「話だけでも」とアポイントがあれば、腰を落ち着けて話を聞いてくれる確率が高まります。
会社にいる営業事務だからこそ、電話を掛ける効率もアップ。
これを営業がこなしてしまうと、訪問する時間が無くなってしまうデメリットが生じます。
営業事務が電話を掛けてアポ取りをする。
それに伴い、営業が訪問して対応する。
結果を営業事務にフィードバックして、上手くいかなかった時には二人で対策を練る。
営業って実は孤独な職種です。
一方の営業事務は花形営業の黒子と思っていませんか?
チームを組んでこそ、よりリズムアップしたセールスができるようになるのです。